ビバ、ロングライフ!男のお役立ちアイテム・サービスなど

人生100年ネット

ダイエット 身体

お腹の引き締め

更新日:

オレ
あーまた帯がきつくなってきた!

メタボっすか
チエ

オレ
言わないで、気にしてんだから!

中年になるとやっぱりお腹周りが気になってきますよね。そんなに食べているとは思わないのに、お腹ぽっこりになってくると悲しいですよね。

お腹の引き締めは、大事な問題

夏休み前の今、水着を着る前にダイエットをしている人も多いと思います。数多くの人が、夏が来る前にお腹の引き締めを終了させて、水着が似合う体型になりたいと思っています。それはおじさんも同じですね。

太っているように見えなくても、お腹は出ているという方も大勢います。運動をせず、食事を減らすだけのダイエットをすると、体重は減っても引き締め効果を得ることができません。

ダイエットの結果、体重の減少には成功したものの、二の腕は相変わらず脂肪が多く、太もものたるみは一向に減らず、お腹はぽこんと出たままというエピソードもあります。多くの場合、食事を減らすだけで引き締め効果のある運動をしていなかったといいます。体重の数字は減っていますが、腕や腹は引き締められずにいるということです。

お腹を効率的に引き締めるには、ダイエットに運動を組み込むことが大事です。お腹の引き締めと言うと、腹筋などを思い浮かべる人も多いと思います。腹筋はお腹の引き締めにはとても効果的な運動でもあります。普段の生活の中に腹筋運動を取り入れることで、簡単にお腹を引き締めることができるようになります。

お腹のたるみと引き締め

ダイエットでお腹を引き締めたいと考えている人は多いですが、思うようにはいきません。お腹は脂肪が溜まりやすく、減りづらい部位です。そのため、生半可なダイエットでは、そう簡単にお腹の脂肪を減らすことができないといいます。

せっせとダイエットに取り組んだとしても、何かのきっかけで体重が増加する時にはお腹が出っ張ってくるものです。手足はいつも使ってしまいますが、お腹は日々の活動の中で力を入れる機会が少ない部分です。脂肪が蓄積されやすい部分であるにもかかわらず、使う機会が多くない筋肉です。

多くの場合、お腹の皮下脂肪が増えすぎてたるみ、洋なし型といわれるお腹の状態になってしまいます。お腹には皮下脂肪だけでなく内臓脂肪も蓄積されます。女性の場合は、皮下脂肪がつくことが多いようです。

内臓脂肪は皮下脂肪よりも燃焼させやすく、皮下脂肪の燃焼は困難です。皮下脂肪を代謝しにくいため、運動をしてもお腹はなかなか引き締めができません。

一方、男性は内臓脂肪が多くなりがちです。そのため、お腹は全体的に脂肪がつく人が多いといいます。皮下脂肪は体の内部を外の衝撃や温度変化が守る効果あるため、女性がお腹を引き締めるのは思うようにいかないようです。お腹の引き締めが困難でも、毎日のエクササイズによって腹筋を鍛え、皮下脂肪を燃焼させることができます。

お腹を引き締めるエクササイズ

腰の回転運動や、太ももの上下運動、腹筋を使う運動が、お腹の引き締め効果が得られるエクササイズです。しかし、継続の重要性を理解していながら続けられなくなったり、人目を気にして中止してしまう方もいます。

お腹を引き締めるエクササイズの中には、立位で行うものや、座位で行うものなど、色々なものがあります。座った姿勢で行うエクササイズは、椅子に腰掛けて上半身を左右に回転させて行います。急激な動作より、ゆるやかな動きの方がお腹の引き締めができますので、静かに体を動かすよう心がけましょう。

デスクワークをしている方でも、いすに腰掛けたままできるエクササイズならば手軽にできます。左右それぞれ20回ずつの運動を、1日に3~5セット行うとお腹を引き締め効果が得られます。

エクササイズには、立ったままできるものもあります。頭上で両手を組み、腰から上を左右に傾けることで体を伸ばす運動でお腹を引き締めることができます。お腹やわき腹の辺りを意識して、ダンベルや水のボトルなどを手に持って行うとさらに引き締め効果が上がります。右10回、左10回の運動を1日に3度行うことによってお腹の引き締め効果が得られます。

お腹を効率的に引き締めるには、意欲を持って取り組むことが重要です。エクササイズに取り組む場合は、お腹の引き締め効果やシェイプアップが成功した状態を意識し、目的意識を持って毎日続けることか重要になってきます。

-ダイエット, 身体

Copyright© 人生100年ネット , 2019 All Rights Reserved.