ビバ、ロングライフ!男のお役立ちアイテム・サービスなど

人生100年ネット

ダイエット 身体

食事制限とリバウンド

更新日:

オレ
また体重戻った。なんで

リバウンドっすねー
チエ

オレ
そうっすねー

ダイエットの強敵はリバウンド

多くの人が、食事制限をして摂取カロリーを減らすことによって、スリムになろうとしています。けれども、食事制限によって体重を減らすことができたという人ばかりではありません。ダイエットを成功させるには、意外と数多くの困難が待ち受けています。

ダイエット中に起こるリバウンドとは、ダイエットをした後に、体重が元の体重にすぐ戻ってしまったり、増加したりすることを指します。特に無理な食事制限によるダイエットを行うことで、リバウンドをしてしまうことが多いのです。しばらくは体重減少に成功したように見えても、ほどなく体重が元通りの状態になってしまいますので、ダイエット成功とはいえません。

食事制限からのリバウンドが起きると、以前の体重よりも太ってしまうことも珍しくはないといいます。頑張ってダイエットをしたのに、最終的に体重が増えては、ダイエットが無意味に終わってしまいます。

リバウンドしやすい食事制限

食事制限を主体にしたダイエットをしたことがある方の多くは、リバウンドをしたことがあるといいます。どんな手順で食事制限をしたかや、どんな手順で元の食事に戻したかも関わりがあります。

元々、ダイエットとは健康増進を目的に、体重を減らして標準体重にするという取組を指します。太るということは食生活や日頃の生活習慣などによって起こっていることです。効率的なダイエットには、体重が増えるメカニズムを理解することが重要です。基本的には普段の食事から摂るエネルギーより運動などで消費されるエネルギーが少ないと、あまったエネルギー分が脂肪などに変換されて、体に蓄えられてしまいます。

食事制限をするのは、カロリー摂取の量を減らすことで、消費カロリーより摂取カロリーが少ない状態にし、体脂肪の消費を促すためです。摂取するエネルギー量を減らしてダイエットを行うというアプローチは間違ってはいません。ただし、人間はカロリー補給が少ない状態が続くと、生命維持のために少ないカロリーで生きていける体に自らをつくりかえます。

ダイエット中に体重の減少がストップするのは、食事制限に体が慣れてくるためです。リバウンドが起きるのは、カロリー制限に体が適応した時に食事量を元に戻したことで、一気に余剰カロリーが増えるためです。極端な食事制限によってダイエットをすると、それだけリバウンドをしやすくなると考えられます。

食事制限とリバウンドをしないコツ

リバウンドをしないダイエットでの食事制限はあるでしょうか。食事制限をしばらく続けると、体は少ないカロリー量でも生きていけるよう体を合わせていきます。基礎代謝を低下させ、体内のカロリー消費量を減らします。食事制限を開始してしばらくは体重が順調に減っていきますが、体が食事制限に慣れると停滞期と呼ばれる期間に入ります。

従来通りのダイエットをしていても体重が期待するほど減少せず、何かのきっかけで増加しやすい厄介な期間です。リバウンドしやすい時期だといえるでしょう。好みの食事をこらえるといった食事制限は、精神的な負荷も大きくなります。停滞期中のダイエットは、ストレスがかかる上に体重が思うように減らないため、モチベーションが低下しやすいといいます。それは本格的なリバウンドの始まりのきっかけとなってしまいます。

今までの食事制限で体は少ないカロリーでも対応できるように代謝による消費を少なくしています。ダイエットをやめて普通の食事に戻してしまうとエネルギーが余ってしまいます。食事制限前は1日で使い切ることができたカロリーが、食事制限後では使いきれずに脂肪になり、リバウンドを起こします。リバウンドをすると、一時的に減った体重が元通りに増えてしまいます。

リバウンドを未然に防ぐためには、食事制限中でも基礎代謝量を落とさないことです。体重を減らしたい時は、食事制限のみのダイエットをするのではなく、運動と共に行ってリバウンド対策をすることが重要になります。

↓おススメはこちら↓
ポリフェノールでポッコリ解消。ぽっちゃりの間で話題沸騰中!

-ダイエット, 身体

Copyright© 人生100年ネット , 2019 All Rights Reserved.