ビバ!ロングライフ

人生100年ネット

お酒 食事

アルコールはカラダに良いの?悪いのふ

更新日:

猛暑が当たり前になってきた日本の夏。キンキンに冷やしたビールや氷のたっぷり入ったレモンサワーはたまりませんね。アルコールは飲みすぎなければ身体に良いと言われています。飲酒習慣はメリット・デメリットを把握することで、健康的に飲酒をすることが出来るようになります。

お酒を飲むとご飯を美味しく感じるようになるので、食事を沢山とる事が出来るようになります。食欲の落ちる夏などには適量の飲酒がおすすめです。他にもメリットは、お酒を飲むことで、血の巡りが良くなります。血の巡りが良くなると肩こり解消にも繋がりますね。



次はデメリットの部分になりますが、毎日飲みすぎてしまうと次の日に疲れを持ち越してしまうことになります。翌日もアルコールが残ったままですと身体にだるさを感じることにもなりますので注意が必要です。

カラダによいお酒の飲み方をする事で、翌日に持ち越してしまうこともなくなりますし、二日酔いをせずに飲酒をすることが出来るようになります。

カラダによいお酒の飲み方をする為には、アルコール度数の高すぎるものを毎晩飲まない様にすることが大切です。アルコール度数の高いものを毎晩飲んでしまうと胃があれてしまう原因にもなります。カラダによいお酒の飲み方を身につけると、次の日も楽に過ごすことが出来ますし、毎日お酒を飲んでも疲れることも少なくなります。

また、お酒の種類とその違いを把握することも大切です。お酒の種類とその違いを理解できると、休日に飲むお酒と平日に飲むお酒を使い分ける事が出来るようになります。お酒の種類とその違いは飲み始めた頃は理解をするまでに時間がかかりますが、お酒に関する情報はメーカーのホームページにも記載がされています。そのような情報を見ることで、自分が普段飲んでいるお酒の種類を知ることが出来るようになります。アルコール度数なども詳細にに記載をされているため、確認出来ます。



-お酒, 食事

Copyright© 人生100年ネット , 2018 All Rights Reserved.